スポンサードリンク

2006年11月22日

新年のしきたり・意味

お正月に行われるさまざまな行事は、歳神様をお祭りするためのものです。年末のすす払いは、1年の汚れやホコリを取り、歳神様をお迎えするためです。

門松
歳神様が宿る場所。門に向かって右側に雄松、左側に雌松を立てる。左右一対にすること。

注連縄・注連飾り
穢れを払い、災いを避ける意。玄関、神棚、門に縄の太いほうが向かって右になるように飾る。神棚には、お札、榊、お神酒、灯明も飾る。
玉飾り:注連縄で大き目の輪飾りを作り、橙、海老、昆布などをあしらう。玄関の軒下に飾る。
輪飾り:玉飾りの簡略化で、藁で編んで輪を作る。水回り(台所・トイレ)に飾る。
注連縄:注連縄で作ったお飾りで、飾った場所は神聖な場所となる。玄関、神棚、門などに飾る。
鏡もち:三方、お盆、霧の箱などに半紙を敷いて飾る。裏白、ゆずり葉、大小の餅、橙、扇子、海老などを飾る。床の間に飾る。
新年のしきたり・意味のつづき



スポンサードリンク
posted by 雑事館 at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 正月行事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。