スポンサードリンク

2006年12月31日

保証人

保証人とは、債務者が債権者に対して一定の給付をうける取り決めをしたときに、もしも債務者が債務を弁財しない場合、これに替わって保証人が弁財をしなければならない義務を負う者をいうとされています。これは、民法446条で定められています。債務者以外の者の一般財産による担保、保証などに相当します。

保証人と連帯保証人には違いがあります。保証人が、債権者との契約によって、保証債務について主たる債務の従たる地位にたつ場合、保証人は債権者に対して、債務者に請求せよという抗弁権(催告の抗弁権)と債務者の財産に執行せよという抗弁権(検索の抗弁権)とをあわせもちます。つまり保証人は、貸主に請求を求められたとき、貸主に対して、借主に先に請求した後で自分に請求して下さいと言えます。また借主の財産を先に取立てして下さい。それがダメだった時に自分に請求して下さいと言えます。しかし、保証人が、債務者と連帯する保証債務の場合は、連帯保証人には催告の抗弁権がないため、債権者は直ちに連帯保証人に執行することができます。

保証人のつづき



スポンサードリンク
posted by 雑事館 at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借入

2006年12月30日

債務整理

債務整理とは、過剰債務者の新たな生活を立て直すための手続全般を言います。過剰な債務を抱えた人の債務を整理し、貸し金業者の違法な取立て、過払い金の返還、最終的には自己破産まで視野に入れています。債務整理を個人で行おうとしても、債権者と債務者の間の話し合いがうまくいかない場合が多くあります。法的な手続も絡んでくるので、裁判所、弁護士、司法書士などの専門家の関与が必要なケースが多いのです。

【債務整理の種類】
[自己破産]
裁判所で自己破産が認められ、最低限の生活資金以外は債務の返済に充てられ、残りの債務は帳消しにできる方法。
[個人民事再生]
借金を大幅に減額できるが、原則として減額された借金を3年かけて返済していく必要がある。
[任意整理]
裁判所などの公的機関を利用せず、弁護士と業者が話し合いで解決する方法。
[特定調停]
弁護士や司法書士を介さずに、裁判所が債権者と債務者の間に入って債務整理案を作成していく方法。

債務整理のつづき

スポンサードリンク
posted by 雑事館 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借入

2006年11月18日

特定調停と任意整理

借入金があり支払い困難になったり、払い続けても元金が減らないないなどの場合、債務残高の減額過払い金の返還を求める方法があります。

特定調停は、利息制限法の範囲内で貸付金利を計算し直すことにより、債務を減らすことが可能になります。裁判所がかかわるもので、バブル崩壊後に多重債務者の生活が破綻する前の経済的な建て直し手続きとして2000年2月から導入されました。借入側が、簡易裁判所に申し立てた後、裁判官と民間有識者から選ばれた調停委員が返済計画を見直します。特定調停にかかる期間は、約1ヵ月半から2ヶ月で、費用は数千円です。

任意整理は、弁護士司法書士に依頼します。債務を減らすだけでなく、過払い金の返還請求をすることもできます。返済中または返済が終わってから10年以内の融資が対象となります。支払いができず悩んでいるなら、まずは弁護士に相談してみましょう。

スポンサードリンク
posted by 雑事館 at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借入
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。