スポンサードリンク

2007年01月03日

自動車保険

自動車保険は、交通事故による被害者の救済と、加害者の金銭的負担の援助を目的とした制度です。自動車保険には自賠責保険任意保険があります。「自賠責保険」には加入する義務があります。対物の賠償はできず、さらに、人身事故であっても、他人であることが前提で、家族をはねてしまった場合などには適用されません。そのため、任意加入である「自動車保険」も合わせて加入することが望ましいのです。

任意保険にもいろいろあって、何をどう選べばよいのか難しいところです。複数の保険会社で見積をしてもらい、信頼できる担当者を見つけて相談できるのが理想的です。自分でもある程度の下調べをして、情報を得ることも必要でしょう。

参考になりそうな情報
[年齢制限]
30歳以上のドライバーだけが使う場合と、年齢制限を設けない場合では、2倍の差になることもある。
[複数所有]
保険をひとつにまとめれば、割引になる場合がある。すでに加入している保険を解約することになるので、まとめる時期は相談して決める。また、すでにある車の保険等級によっては、2台目以降の保険が安くなる。
[無保険車傷害保険]
保険未加入者に事故を起こされ、加害者から十分な保険が支払われない場合に備えたもの。15%が自動車保険未加入と言われている。
[車両保険]
車種などによって保険料が設定される。盗難や火災などによる被害もカバーされる。

保険料は、安く済むに越したことはありません。しかし、リスクをカバーした保険になっていなければ、加入する意味はないのです。自分が事故を起こさないよう、安全運転を心がけることが何よりも大切で、運転する者の義務であることは言うまでもないことです。





スポンサードリンク
posted by 雑事館 at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。