スポンサードリンク

2007年01月02日

運転免許取得

車やバイクを運転するためには、免許を取らなくてはいけません。各都道府県の運転免許センターで行われる試験に合格すれば、免許を取ることができます。公安委員会指定の教習所を卒業すると、この試験のうちの技能試験を免除されます。免許センターでの試験でいきなり合格するのは難しいことです。練習しようと思っても、免許がなければ路上では走れません。路上で運転するための仮免許取得も、やはり運転免許センターでの試験に受からなければいけません。ほとんどの人が教習所に通って運転免許取得をしています。

教習所に通って普通自動車免許をとる場合の手順
[教習所選択]
・通いやすさ
・教習時間の自由度
・周りの人の評判
などを元に、自分にあったところを選ぶのが良い。

[教習所への入校手続き]
・申込書
・住民票
・教習料金
・写真
・印鑑
一般的に必要なもの。

[第一段階]
学科、技能、それぞれ所定の時間の教習を終えたら、仮免許試験となる。仮免許を取るまでは、一般の道路を運転できない。試験に落ちた場合は1時間以上の教習後、再受験。
[第二段階]
学科、技能を所定時間受けるのは第一段階と同じ。第二段階での技能は、主に路上教習となる。終了後、卒業試験を受ける。試験に落ちると2時間以上の教習後、再受験となる。

運転免許センターで学科試験を受け、合格すると運転免許取得となります。免許が取れてから1年間は、初心運転者標識(若葉マーク、初心者マーク)をつけて運転する義務があります。レンタカーを借りる際なども忘ないようにしましょう。




スポンサードリンク
posted by 雑事館 at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車・バイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。