スポンサードリンク

2006年12月30日

債務整理

債務整理とは、過剰債務者の新たな生活を立て直すための手続全般を言います。過剰な債務を抱えた人の債務を整理し、貸し金業者の違法な取立て、過払い金の返還、最終的には自己破産まで視野に入れています。債務整理を個人で行おうとしても、債権者と債務者の間の話し合いがうまくいかない場合が多くあります。法的な手続も絡んでくるので、裁判所、弁護士、司法書士などの専門家の関与が必要なケースが多いのです。

【債務整理の種類】
[自己破産]
裁判所で自己破産が認められ、最低限の生活資金以外は債務の返済に充てられ、残りの債務は帳消しにできる方法。
[個人民事再生]
借金を大幅に減額できるが、原則として減額された借金を3年かけて返済していく必要がある。
[任意整理]
裁判所などの公的機関を利用せず、弁護士と業者が話し合いで解決する方法。
[特定調停]
弁護士や司法書士を介さずに、裁判所が債権者と債務者の間に入って債務整理案を作成していく方法。

費用は、債務整理の内容によって違います。以下はある事務所の費用の例です。
自己破産費用:210,000円。自己破産申立てに必要な、予納金・切手代として実費分。
任意整理費用:債権者1社につき32,000円。個人民事再生申立費用:262,500円。
特定調停:債権者1社あたり500円程度(裁判所により異なる)。特定調停は弁護士・司法書士に依頼すると別途報酬が必要。通常は債権者1社当たり2万円〜4万円程度。
多くの場合、弁護士事務所では費用の分割に応じています。

【債務整理の基本的な用語】
[債務者]借金をした人
[債権者]お金を貸した法人や個人
[連帯保証人]債務者と同じ責任を負う人で、債務者が返済ができなくなった場合は、連帯保証人が代わって返済の義務を負う。
[紹介屋]「おとり広告」などで連絡してきた客に、なんら関係ない業者を紹介し、出資が成功した場合、出資額の2から3割を成功報酬として請求するもの。出資法では紹介手数料は5%となっています。




スポンサードリンク
posted by 雑事館 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借入
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。