スポンサードリンク

2006年09月17日

訪問

知人や上司など訪問宅はさまざまでも、基本は同じです。まず相手に不愉快な服装(女性なら香水やアクセサリーなども)をしないよう年齢にあった、気持ちの良い印象を心がけること。

訪問時間は、食事時間を外すこと。(ベストは午後2時から5時の間)昔は少し遅れて行くのが礼儀とされていましたが、今は5分から10分前に着くようにしたほうが良いとされています。

また、10分以上遅れる際は、必ず相手のお宅に電話をいれること。その時、言い訳せず非礼をあやまり、今自分がいる場所を伝えましょう。相手は、到着時刻を判断することができますし、道順を教えて頂く事もできます。

自分の立場に合った手土産(2千円〜5千円程度)を持参することも忘れないようにしましょう。どうしても訪問をキャンセルしなければいけない時は、わかった時点ですぐ相手に連絡します。誠実に丁寧にお詫びをすることが大切です。



スポンサードリンク
posted by 雑事館 at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | マナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。