スポンサードリンク

2006年08月20日

出産のお祝い

出産のお知らせを聞いて、病院にお見舞いに行くのなら、出産してから2、3日後にしましょう。産後の体を労わることが大切です。

出産祝い金の相場
会社関係(上司・同僚)・・・5千円
友達・・・5千円(親友の場合は1万円)
親戚(おじ・おば等)・・・5千円〜1万円
兄弟・・・1万円〜2万円
お祝いの品は、必需品の消耗品などは喜ばれます。好みがあるのでカタログを見てもらうなどして、相手の方の希望を聞くのが良いようです。

内祝いをする時は、お祝いを頂いた、頂いてないに関係なく、お祝い事を一緒に喜んでもらうために、お世話になった方に贈ります。お七夜(生後7日目)からお宮参り(出産1ヶ月前後)の間に贈ります。
相場は2千円〜3千円(お祝い金の3分の1〜半額程度)
のしは紅白の蝶結びの水引
表書きは「内祝い」
贈り主は子供の名前で

病院を退院するときは、医者や看護士にもお礼をすることが多いようです。現金を受け取らないところもありますので、菓子折りなどを気持ちとして事務長などにお渡しするのも良いようです。



スポンサードリンク
posted by 雑事館 at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。